スマホ代で減らす 支出を減らす

iPhone11でRakuten UN-LIMITに移行【楽天回線が開通できず失敗かと焦った話】

僕は、今回、スーパーホーダイからRakuten UN-LIMITに移行しました。

使っている機種は、iOS14にアップデートしたiPhone11(SIMフリー)

 

Rakuten-UN LIMITは、当初、iPhoneに対応していなかったから、移行は見送り。

それがついに2020年7月に対応したから、今回、移行することに。

 

最終的には、移行は完了し、使えています。

が、移行の途中では、なかなか楽天回線を開通できず、楽天モバイルに問い合わせしたら、

 

オペレーター「動作保証外の機種なので、技術的アドバイスはできません。iPhoneの使用をご希望なら楽天モバイルをご解約いただくか、Rakuten UN-LIMITをご希望なら楽天回線が動作保証した機種をご購入いただくしかありません」

 

まじか、、、、。

楽天モバイルを解約するか、せっかく買ったiPhone11を無駄にするか。

 

僕「それなら、Rakuten UN-LIMITの移行の申込自体をキャンセルできませんか?」

オペレーター「移行の契約は完了しており、戻せません」

 

絶望、、、。

 

と、非常に焦り、困ったエピソードをお話します。

 

移行申込手続き

オンラインで簡単

移行手続きは、メンバーズステーションからオンラインで簡単に申し込めます。

公式サイトでは、動画付きの解説があり、分かりやすいです。

 

 

ちなみに、つながる端末保証 by 楽天モバイルは、強制解約となるから注意!

その代わりに、Rakuten UN-LIMITには、スマホ交換保証プラスというサービスがあります。

 

でも、

 

つまり、iPhoneで移行しようとすると、端末保証を受けれない

そのため、どうしても端末保証を希望する人は、外付けの保険を検討しよう。

 

例えば、

 

申込みで勘違いしやすいポイント

オンラインで申込むと、次の画面になります。

 

 

勘違いしやすいのが、『お申込みを続ける』のボタン。

これ、思わずクリックしてしまいそうですが、不要です。僕は進めてしまって、余計な時間を消費してしまった、、、。

(上述の動画解説でも触れてません)

 

あとは、楽天回線のSIMが到着するのを待つだけです。

 

楽天回線の開通手続き

iPhoneの初期設定

楽天回線の専用SIM(nanoSIM)が到着したら、iPhoneの初期設定をします。

公式サイトで、動画付きの解説があります。

手続きは簡単で、これで楽天回線が開通してiPhoneが使えます。

 

そのはずだったんですが。

 

これが最初、できなかった

 

開通できなかった原因は、僕のミス

上述の動画解説を見ながら、僕は開通手続きを進めました。

そこで、僕がミスを犯したのが、MNPの転入/移行手続き

 

 

この手続き、最初、飛ばしたんです。

だって、元々、格安SIMの楽天モバイルを契約していたので、MNPの転入手続きは要らないと思ったんです。

解説付きの動画を見ても、「MNPの方が対象」と書いていたので関係ないやー、と思ってしまった。

 

これこそが、開通できなかった原因。でも、当初は原因が全く分からかった。

 

もしかしたらiOSのバージョンと思い、iOS13からiOS14にアップデートしてもダメ。

(iOS14はまだ不具合の可能性もあり、本当はアップデートしたくなかった)

 

楽天モバイルに電話で問い合わせた

それで、楽天モバイルに問い合わせしたら、この記事の冒頭でお話したとおり、

  • iPhoneを使いたいのなら楽天モバイルを解約して他の通信業者を検討しないといけない
  • 楽天モバイルを希望するのなら、新しい動作保証済の機種を買わないといけない

この選択に迫られてしまった。

 

iPhoneはあくまで動作確認済だけであって、動作保証外端末

 

iPhone11(SIMフリー)は動作確認済みだが、オペレーター曰く「iPhone11でも動作しない報告はあります」とのこと。

 

まじか。

 

自己責任と分かっているつもりでも、焦った。

そして、Rakuten UN-LIMITの申込をキャンセルして、スーパーホーダイに戻ることもできない

 

ただ、オペレーターが一度、契約状況を確認して、折り返し連絡しますと言ってくれて、その電話を待つことに。

 

格安SIMの楽天モバイルユーザーでもMNP転入/移行が必要だった

楽天モバイルから連絡が来て、

オペレーター「MNPの転入/移行手続きがされていないようですが、、、?」

 

そこで、ようやく、開線できない原因が分かったのです。

 

格安SIMであった"旧"楽天モバイルは、au回線・docomo回線を借りていたので、スーパーホーダイから楽天回線に移行することでも他社の回線に移行することと同じなんだろうね。

 

あらためて、公式サイトを見ると、

 

 

他社から乗り換え(MNP)>楽天モバイル(楽天回線)への移行方法』って書いてあるよね。

これ、違和感感じますよね。

 

僕みたいに、MNPは不要だと思って手続きする人、いると思う。

 

my 楽天モバイルにログインし、数分で移行完了

とうことで、あらためて動画付きの解説を見ながら、my 楽天モバイルにログインして、MNP転入/移行をします

 

 

『転入を開始する』をクリックすると、数分で完了。

ついに楽天回線が開通し、問題なくiPhoneが使えました!

 

さいごに

iPhoneを楽天モバイルで使用することは、あくまで自己責任です。

iPhoneをRakuten UN-LIMITで利用するときの注意点は、こちらの記事をご参考ください。

参考iPhoneを楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VIで利用するときの注意点

iPhoneは2020年7月よりRakuten UN-LIMITに対応しました。 対応とは言っても、 完全対応ではない。 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

かっち

「今を生きる(seize the day)」をモットーに、日々の生活をプチ豊かにする情報モノ・サービスを紹介する記事を綴ります。
【興味】楽天経済圏・kyash・JALマイル
【目標】ポイ活でハワイ行きたい

-スマホ代で減らす, 支出を減らす
-,