スマホ代で減らす 支出を減らす

ahamo・Softbank on LINEが発表!それでも楽天モバイルを使い続ける理由

新料金プランである、ドコモのahamo、ソフトバンクのSoftbank on LINEが発表されました。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vの料金プラン2,980円(税抜)と同一の価格に設定。

さらに通信容量20GBもあり、楽天モバイルの優位性がかなり揺らいでいます

 

楽天モバイルの最大の弱点は、楽天回線のカバー範囲が発展途上であること。

それでも、魅力的な低価格・サービスがあったため、僕は楽天モバイルを選びました。

 

今回、大手キャリアが楽天モバイル並みの低価格・サービスを提供したことで、ネットワークの充実度を考えると、乗り換えを考えました。

しかし、それでも引き続き楽天モバイルを使い続けることに決めました

 

この記事は、楽天モバイルを選ぶ理由を解説します。

 

料金プランの内容

料金の比較

 Rakuten UN-LIMIT VahamoSoftbank on LINE
料金
(税抜)
2,980円2,980円2,980円
高速データ
通信容量
(楽天回線)
無制限
(パートナー回線)
5GB
20GB20GB
容量超過後
通信速度
(パートナー回線)
1Mbps
1Mbps1Mbps
国内通話無料
※Rakuten Link使用
5分間無料5分間無料
その他4G/5G対応4G/5G対応4G/5G対応
LINEギガノーカウント

 

国内通話はLINE通話で代用できる

ahamo・Softbank on LINEの国内通話無料は5分間に限られますが、LINE通話で代用できます

 

LINE通話のデータ通信量の目安は、LINEの公式サイトで記載されています。

 

 

 

公式サイトによれば、1GBの通信量で話せる時間は、

  • 音声通話:55.5時間
  • ビデオ通話:3.25時間

 

ahamoは高速データ通信容量が20GBもあるので、LINE通話で十分代用できます

 

Softbank on LINEは、LINEギガノーカウントのサービスがあります

これはLINEトーク・LINE 通話の通信量消化をカウントしないもので、通信消化を心配する必要がありません

 

楽天モバイルを選ぶ理由

楽天ユーザーならSPUプログラムでポイントの恩恵がある

楽天モバイルの利用者は、SPUプログラムにより、楽天市場での買い物でのポイント還元率を高めることができます

 

 

僕は、年間14万Pt以上の楽天スーパーポイントを獲得しています。

楽天ポイントの貯め方 完全マニュアル【年間約17万Ptの獲得実績】

本記事は、2021年6月までのSPUプログラムの変更を前提として説明します。     数多あるポイン ...

続きを見る

 

楽天ユーザーであれば、楽天モバイルの利用でお得にポイントが貯めれます。

その獲得ポイントが、実質、楽天モバイルの利用料金の値下げになるわけです。

 

利用料金を楽天スーパーポイントで支払うことが可能

毎月、自動的に楽天スーパーポイントで利用料金を支払うことで現金の支出を抑えれるので、家計の節約につながります

 

家計を見直す3つのポイント!楽天ポイントで固定費削減(通信費・電気代)

家計の見直しには、固定費の削減が大事です。 固定費は毎月発生するものなので、これを削減できれば、年間を通して大きな金額を ...

続きを見る

 

LINE通話で代用できるが、LINE友だちでつながらないといけない

LINE通話するには、

  • 相手がLINEを利用している
  • LINE友だちでつながっている

必要があります。

 

僕のスマホは、プライベートだけでなく仕事にも使っています

LINEでつながっていない人も当然いるわけなので、仕事用としてはLINE通話は不向きです。

 

楽天モバイルでは、専用アプリRakuten Linkを使えば国内通話が完全無料です。

 

ahamo・Softbank on LINEは5分間無料もありますが、実際使ってみると、ついつい5分間を超過することがしばしばです。

結局、通話料金が加算され、利用料金が高くなってしまいます。

 

さいごに

楽天モバイルの最大の弱点である、楽天回線のカバー範囲。

公式サイトによれば、2021年夏までに人口カバー率96%まで拡大予定とあります。

そうなれば、高速通信容量が無制限・国内通話が完全無料である、楽天モバイルを断然おすすめします。

 

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VIの徹底解説【メリット・デメリット】

楽天モバイルは、3大キャリア(docomo・au・softbank)と一線を画する、魅力的なサービスを提供しています。 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

かっち

「今を生きる(seize the day)」をモットーに、日々の生活をプチ豊かにする情報モノ・サービスを紹介する記事を綴ります。
【興味】楽天経済圏・kyash・JALマイル
【目標】ポイ活でハワイ行きたい

-スマホ代で減らす, 支出を減らす
-,