お金を増やす ふるさと納税で減らす ポイ活で増やす 支出を減らす

【裏ワザ】家族カードで楽天ふるさと納税して、夫婦で楽天スーパーポイントを稼ぐ方法

楽天ふるさと納税では、納税すると楽天スーパーポイントも獲得できます。

楽天市場のスーパーSALEやお買い物マラソンを活用すれば、さらなるポイントアップが狙えます。

詳細は、こちらの記事をご参考ください。

楽天ポイントの貯め方 完全マニュアル【年間約17万Ptの獲得実績】

本記事は、2021年6月までのSPUプログラムの変更を前提として説明します。     数多あるポイン ...

続きを見る

 

共働きの世帯であれば、夫婦それぞれで、ふるさと納税していますよね。

ただ、よくあるケースとして

楽天会員は夫で、妻は夫の楽天会員IDを使って楽天市場で買い物している世帯
(※もしくは夫・妻が逆のケース。本記事は、楽天会員が夫として解説します)

我が家は、このケースです。

 

このケースでは、通常の方法で楽天ふるさと納税すると、楽天会員である夫しか納税者にしかならないので、妻は納税できません

 

そこで、この記事では、楽天ふるさと納税して、夫婦で楽天スーパーポイントを稼ぐ裏ワザをご紹介します。

なお、楽天会員:夫、楽天会員ではない妻がふるさと納税をするケースとして解説します(逆の場合は読み替えてください)。

 

ただし、この裏ワザは自己責任です。また今後、通用しなくなる可能性もあります。

 

楽天ふるさと納税での納税者の取扱い

楽天ふるさと納税では、納税者の名義を下記のとおり取り扱います。

納税者=注文者(氏名・住所が住民票の情報と同一であること)

 

実際に、返礼品を買い物かごに入れて購入に進もうとすると、

 

つまり、自治体から送付される寄付金受領証明書には、注文者情報が反映されるわけです。

 

注文者情報・送付先・お支払い方法を変更する

買い物かごに入れて注文手続きを進めると、最終的に『注文確認』の画面に進みます。

 

 

step
1
送付先を変更する

送付先は、楽天会員の情報が表示されます。

これは、楽天会員の夫、もしくは楽天会員ではない妻、どらちでも構いません。

 

step
2
注文者情報を変更する

ここが重要です。

楽天会員ではない妻の住所・名前(住民票記載と同一のもの)に変更します。

変更は簡単にできます。

 

step
3
お支払い方法を変更する

ここも重要です。

事前に、楽天会員である夫の楽天カードの家族カードを妻の名義で作ります。

支払い方法を、この妻名義の家族カードに変更します。

 

注意ポイント

カードの名義情報は、自治体には通知されないようです(僕のふるさと納税で、妻名義のカードで納税したことがありましたが、問題なく受付されました)。ただし、確証はないので、妻名義のカードとして、家族カードを準備します。

 

これで設定は完了で、買い物(納税)するだけでOKです。

楽天会員の夫に、楽天スーパーポイントが加算されます

 

さいごに

わが家は、この方法で楽天ふるさと納税をして、楽天スーパーポイントを稼いでいます。

とくに、楽天スーパーSALEやお買い物マラソンを活用すれば最大ポイント43倍

・・・

というのは、現実なかなか難しいですが、

わが家ではポイント20倍(SPU10倍+お買い物マラソンなど10倍)でふるさと納税しているので、納税額の約2割が実質戻ってきます。

是非、お試しください。

  • この記事を書いた人

かっち

「今を生きる(seize the day)」をモットーに、日々の生活をプチ豊かにする情報モノ・サービスを紹介する記事を綴ります。
【興味】楽天経済圏・kyash・JALマイル
【目標】ポイ活でハワイ行きたい

-お金を増やす, ふるさと納税で減らす, ポイ活で増やす, 支出を減らす
-,